• 神社での式次第

    porches multiple columns

    東京の神社の本殿で行われる神前式は、花嫁行列の入場から始まり、神主さんの言葉で締めくくられます。その間に、式次第にのっとってさまざまなことが行われます。その流れを追ってみましょう。

    詳細を確認する

  • 式後には食事会を

    orange wooden gate

    花嫁と花婿が無事とどこおりなく結ばれて式次第を終えたあとは、ちょっとした食事会を執り行うというのが、神前式の一般的な流れです。東京の神社は、境内に食事処を用意している場合もあります。

    詳細を確認する

  • 写真に残そう

    Bride wearing wedding dress

    晴れの日の姿を、写真に残すことができます。東京では、神前式で着る紋付袴と白無垢で装った姿で「前撮り」が出来るサービスも、利用することができます。一生の記憶を、ずーっと残る写真に焼きつけましょう。

    詳細を確認する

ニッポンの結婚式

the orange columns

お日柄も良い大安吉日、場所は東京の神社。
空気を震わせる美しい雅楽の音色が響く中、花嫁さんと花婿さんが登場。神前(神社の祭壇)で斎主(神主さん)の導きにより、人生でいちばん大事な誓いを交わし合う……ニッポン独自の結婚式として長い長い歴史の中でおこなわれてきた神前式と呼ばれる結婚式。「ウェディング」といえば条件反射的に、十字架が立つ教会で挙げる結婚式の情景が思い浮かぶ、という人は少なくないでしょうが、最近では神前式も若い世代の花嫁さん、花婿さんを中心に、「美しい結婚式だ」ということで注目されています。キリスト教式の結婚式が多い中で、逆にニッポン式の神前式が、新鮮なものとして目に映るのでしょう。
「白無垢の花嫁衣装が可愛い」とか、「神主さんの祝詞を聞くと身が引き締まる思いがする」といった、神前式に対する賛美の声も、東京では聞かれるようになってきています。「僕たち(わたしたち)も、あんな結婚式を挙げたい」と。
というわけで、ここでは近年ふたたび脚光を浴びる神前式について取り上げます。

神前式に憧れながらも、「なんか難しそう」と思っている東京のカップルもいるでしょう。「古い歴史を持つ結婚式」なんて言うと、どうしても決まり事がいっぱいあって、ちゃんとそれを守ってそつなくやれるか不安だという思いにかられてしまうでしょう。でも、神前式はその流れを見てみると分かりますが至ってシンプルなものですし、何も知らなくても、それこそ和服の着方が分からなくても、ちゃんと立派な花嫁、花婿として晴れの舞台を、東京の神社でつくりあげることができます。神社で、きちんとそのサポートをしてくれるからです。
神前式を行っている神社を見つけ、気軽に申し込んでみましょう。

オススメリンク